海

事業内容

「生まれ育ったこの街で、住み慣れた地域で長く暮らしたい」という想いを持っている方は多いのではないでしょうか?

 その誰もが当たり前に感じる想いは、障がいのある市民とその家族でも同じだと思います。

 この大都市横浜において、『希いや想いを形にする』ため、日々の支援に全力で取り組んでいます!!

相談支援事業

【基幹相談支援センター・計画相談・二次相談】

地域に住む障がいのある市民に向けて、「フットワークよく動ける相談員」が、サービス利用に関する支援はもとより、埋没するニーズの発掘や地域ニーズの開拓などの実践をしています。

また様々な課題解決に取り組むため、地域の他関係機関と連携しながら、「地域ネットワーク」の構築を推進しています。

自立アシスタント事業

地域で一人暮らしをしている障がいのある市民に向けて、緊急時の対応や金銭管理、食生活等の相談サポートをしていくと共に、将来家族から離れて一人で暮らしてみたいという方々に、生活上必要な知識の習得や経験の場となるプログラムを提供します。

後見的支援推進事業(さぽーと・うみ)

障がいのある方とその家族を定期的に訪問し、将来の希望や漠然とした不安などの相談を受けながら、生涯にわたり本人や家族に寄り添い、その人の願う地域での暮らしが実現できる方法を一緒に考えます。またこの制度に登録した方の日々の生活の見守り体制を考えます。

ヘルパー派遣事業

【居宅介護・重度訪問介護・同行援護・行動援護・移動支援】

障がいのある市民の、日常生活を支えていく上で中核となるサービスとして、可能な限りニーズに応えていくことはもちろん、質の高い支援が提供できるようにヘルパー養成システムの確立を目指しています。

グループホーム運営事業

現在展開エリア内に計12ヶ所のグループホームがあり、身体障がいや知的障がいのある市民が、街の中で自分たちのペースで地域生活を営んでいます。その生活をより良いものにしていけるように、支援スタッフが日々の生活サポートをしています。

今後も地域のニーズを丁寧に確認しながら、更なるホーム新設も考えていきます。

生活介護運営事業

障がいのある市民に日中活動の場を提供する場所として、現在計4ヶ所で様々な活動を展開しています。

宅配弁当や喫茶店、自主製品の製作・販売といった仕事機会の提供、ボランティア開拓や外出計画を通した地域との交流等、一人ひとりがしたいと思うことが実現できるように支援をしています。

放課後等デイサービス事業

学齢期の障がいのあるお子さんに対し、放課後や土曜日等にグループでのプログラム活動(音楽・工作・調理・室内運動等)を実施しています。

施設概要

所在地 〒223-0057
横浜市港北区新羽町1240-1 5階
TEL 045-534-1212 / 1214(相談室) / 1215(さぽーとうみ)
ホームページ 地域生活支援センター 海
http://www.y-kyousei.or.jp/umi/
海相談室
http://www.y-kyousei.or.jp/umi-soudan/