花みずきメニュー
はじめに
web施設見学
入所支援
生活介護
地域支援
お知らせ
ボランティア募集
アクセス
花みず記
リンク
instagram
TOPページに戻る≫
障がい者生活支援施設 花みずき
 ■花みず記
2009年度≫ 2010年度≫ 2011年度≫ 2012年度≫ 2013年度≫ 2014年度≫ 2015年度≫ 2016年度
 
●Vol.142 「花みずき 倶楽部やまぼうし トルンコンサート」 By :自転車乗りたい

皆様こんにちは(*^_^*)
本日は第41回倶楽部やまぼうしの模様をお伝えしたいと思います。5/20(土)五月にしてはとても暑い中開催されました♪ゲストは、倶楽部やまぼほうしと言えばこの方!

小栗久美子さんをお招きし、盛大にコンサートはおこなわれました(^O^)
小栗さんの他、パーカッションの岡山晃久さん、ウッドベースの菊田茂伸さんの三名での演奏でした♪
開演が近付くにつれて、お客様もぞくぞくと入場され、筆者は椅子の数が足りるかどうかあたふたと汗をかきかき(^_^;)の対応でした。
そして予定通り満員のお客様の中、コンサート開始です♪
軽やかなトルンの音色に開演早々お客様は身体全体でリズムを取りながら引き込まれていました。
あっという間の第一部が終了し、休憩を挟み第二部へ(^O^)
第二部では、お客様も一緒に歌って楽しめる曲目もあり、みなさんノリノリの中、最後の曲へ…
盛大な拍手の中閉演したものの、アンコールを求めるお客様の渦のような大きな拍手と掛け声が(・o・)
再度ステージに三名の演者が戻られ、アンコールの曲目を演奏され閉演となりました。大きな大きな拍手とともにステージから去っていく小栗さんがとても印象的でした。!(^^)!
さて、約八年間に渡り開催してきた『倶楽部やまぼうし』は今回のコンサートをもちまして、一旦休演とさせて頂くこととなりました。これまで続けてこられたのも、倶楽部やまぼうしに出演してくださった演者の方々や、ご来場してくださったお客様の支えのおかげです。本当にありがとうございました。
では、また、いつか…この場所でお会いしましょう♪
   

 
●Vol.141 「花みずき GWプログラム」 By :yonezo

あっという間に年度が変わって、気がつけば、世間ではGWに突入していました。
昨日までは、外出での余暇活動を楽しみましたが、本日の花みずきの皆さんは、込み合っている町や観光スポットにはいかず、手作りの昼食を楽しみました♪ 通所利用者さんは、食堂をオープンテラスにして、鉄板で焼いた本格ソースやきそばを食べました。敷地内であってもテントを立てたり、ミュージックを流したりとまるでキャンプ場のようでした☆


         
長期入所利用者さん(A棟)は、中庭のテラスで焼肉とカレーを思いっきり食べました。 皆でそろって「いただきます!」の予定でしたが、何人かの人は、フライングしていました(笑)
        
食べるまでが、お楽しみ♪♪ お腹いっぱいの皆さん、食後は、ゆったりとくつろいでいました。(…スタッフは、その後、片付けを一頑張りしました…)
今日でGWは終わり…ではなく、明日から週末でしたね。 しっかり休んで、週明けから、また頑張ろう!!

 
●Vol.140 「3月倶楽部やまぼうし」 by ダンデライオン

みなさまこんにちは♪今日は今年度最後の倶楽部やまぼうし『音楽と落語の宅配便』の様子をお伝えしたいと思います。
3連休初日の3/18(土)、とても過ごしやすいお天気の中、落語が出来るギタリストの濱乃志隆さんをお招きし、多くの来場者のみなさまと楽しい一日を過ごしました(*^_^*)
 濱野志隆さんは、クラシックギターの演奏会をより楽しく変化をもたせ、フルート・芝居・落語などを取り入れ「音楽と落語の宅配便」を本格的に全国展開し、2004年からは毎年年間250回を超える公演を各地で行なっている方です。(すごい‼)
 いつもは音楽会的な催しが多い倶楽部やまぼうしですが、今回は「落語」という文字を見て、会場の準備をしている筆者の頭の中にはずっと笑点のテーマソングが流れていました(笑)
 そして公演が近付くにつれてぞくぞくとお客様が会場に♪みなさん心なしかわくわくされてる表情にみえました。定刻になり開演です(^^)/

前半はギターにて音楽を演奏しながら春を感じる歌が多く、来場者の皆さんも歌を唄いテンポ良い歌を楽しまれていました。
「ドレミの歌」・「幸せなら手を叩こう」では、替え歌でテンポを早く変えて唄う事もあり、みんなで考えた替え歌や体を動かして皆さん盛り上がりました♪
後半は落語を行ない、「饅頭怖い」という演目で、話が進むにつれて面白くて笑顔や笑い声が多く、皆さん楽しまれていました。
来場者の方がアンコールと要望を出すと、「ジュゲム」という演目を行ってくださいました。ゆっくり話すイメージがある落語の中でもテンポが早くなった部分もあり、面白くて笑いあり、盛り上がっていました。

 
●Vol.139 「日常にある小さな楽園“アラムキラナ”」 by マヨネーズパフェ

みなさんはご存知でしょうか、

田園都市線「市が尾駅」に店舗を構える「アラムキラナ」を・・・!!

始めましてこんにちは今回の編集担当 マヨネーズパフェです。
今回は当施設で毎年お世話になっている「アラムキラナ」のご紹介と、ボランティア活動についてご紹介していこうと思います。

まず、「“アラムキラナ”ってなに?」という疑問に対してお答えしていきましょう。
過去の記事をご覧いただいている方ならお分かりかと思いますが、アラムキラナとは市が尾駅にある美容室さんです。年に一度、施設の利用者さんのヘアカットなどをボランティアで行って頂いております。

店名のアラムキラナはインドネシア語で「内面の美しさを引き出す」という意味があるそうです。
「髪の毛切りたいなぁー」「どこかに良い美容室ないかしら」などと考えているあなた、
一度アラムキラナへ訪れてみてはいかがでしょうか?
バリ風のインテリアに囲まれた優雅な時間の中で、「新しい自分」を探しましょう。

・・・さて本題です。
平成21年から毎年ボランティアで来て頂いているアラムキラナさんですが、
嬉しい事に「ヘアカット」以外にも「メイク」「フェイシャルエステ」「ヘッドスパ・マッサージ」とメニューが豊富なんです! 「「ありがとうございます!」」

始まる前は緊張していた方も、カット後には
声を出して笑っていたりと大満足な様子が伺えました。

温かい雰囲気の中、プロの技を心行くまで満足して
頂けたことかと思います。
来年もまた来て頂けるとの事で、今からわくわくですね!
 
アラムキラナさん
今年もありがとうございました!

以上、カットの様子を見ながら
「自分も切ってもらいたいなぁー、いいなぁー」
と思っていた私でした。

 
●Vol.138 「倶楽部やまぼうしオータムコンサート」 by 自転車乗りたい

 みなさまこんにちは♪今日お届けする花みず記は、11/12(土)開催されました倶楽部やまぼうし「オータムコンサート」の模様をお伝えしたいと思います。
 雲ひとつない晴天の中、今年度三回目の倶楽部やまぼうしが行なわれました。今回はやまぼうし初出演の伊藤千尋さん(ピアノ)、松本恭子さん(ヴァイオリン)のお二方をお招きし、たくさんのお客様に美しい弦とピアノの音色を楽しんで頂きました♪(*^_^*)
 伊藤千尋さんは、桐朋学園大学短大卒業、卒業後ピアノミュージックアカデミーマスタークラスにて9年間研鑽を積まれ、これまでに都内を中心に神奈川県、静岡県各地でリサイタルに出演されています。
松本恭子さんは武蔵野音楽大学卒業、卒業後フレーヌ音楽祭に参加出演。現在は都内ホテルを中心に結婚式などで演奏活動をされています。
      昨日までの寒さが嘘のように気持ちの良いお天気の中、お客様がわさわさと会場に集まって来て下さって私もわくわくしてきました。さぁ!演奏の始まりです!(^^)!
メヌエット(ボッケリーニ)からスタートし、お客様達もうっとりとされて聞き惚れていたのが印象的でした♪そして休憩を挟み、第2部ではディズニーメドレーで会場は最高潮になり、唱歌「おぼろ月夜」を皆で唄い、終演となりました。しかし、盛大な拍手とともにアンコールの大合唱が!!(^^)!そのままアンコールに突入となりました。演奏終了後、さらに大きな拍手の渦の中、幕が下されました。(*^_^*) 伊藤さん、松本さん、本当に素晴らしい演奏をありがとうございました。
 次回は倶楽部やまぼうしは、3/18(土)の予定となっております。演目は只今試案中です♪お楽しみに!
(ここだけの話…次回の演目は今までに無い企画をお届けできるような気がしています♪
内緒ですよ(^_-))
では、今日の報告はこの辺で…
また、この場でお会いしましょう♪

 
●Vol.137 「スポーツの秋!(スタッフ編)」 by North Farm

スタッフも「一致団結」頑張っております!!

年に一度、横浜市の施設対抗でソフトボール大会が行われており、花みずきも参加しました。試合の条件として必ず2名以上の女性スタッフが入る事となっています。予選、本選と分かれており、花みずきの目標は本選出場!!この大会に向けて、経験者もそうでない人も休みや業務後に、近くの公園を使用して練習を重ねてきました。

今年は雨が多く試合が流れてしまう事が多かったのですが、7月行われた予選では・・・
見事準優勝!!そして目標だった本選出場となりましたっっ!!

本選は9月小田原で行われました。3試合を行い2勝1敗と健闘しました。
日頃の業務以外でも、力を合わせて運動して汗をかくことは素晴らしいですね。たくさんのスタッフも応援に来て盛り上げてくれました。本当に力になりました。
来年は優勝!?目指して頑張るぞー!!

施設外活動(スタッフ編)の紹介でした。

 
●Vol.136 「畑の仕事」 by North Form

今回、花みずきにある「畑」の作業の紹介をしたいと思います。


畑は花みずきの敷地内にあり、そこで食物や花を育てています。
食物に関しては土作りから始まり、収穫・販売までをおこなっています。
今年度はジャガイモ・枝豆・トマト・サツマイモ・ほうれん草・サラダ菜を作っています。

掲載している写真は、今年取れたジャガイモ・トマトになります。
愛情込めて手塩にかけた食物が育ち、売れるのを見た時には作り手冥利につきます。
収穫するときのご利用者の表情もとても生き生きしており、自然との戯れは心が洗われます。
花みずきに立ち寄った際に、食物の販売があれば花みずき産をどうぞ購入いただければと思います!!


 
●Vol.135 「夏の風物詩」 by hachisan

はじめまして!今回初めてブログ書かせていただきます!
今年度はたくさん更新するぞ!と意気込んでいたものの、
気が付けばもう8月も終わり… 今年度も半分が終わってしまったのですね。
早い…。そんなことはさておき、8月は花みずきの利用者さんたちも夏休みがあり、
個別外出に行ったり小舎全員でお出掛けしたり、
まったーり小舎で過ごしたり… 私が担当している小舎では夏の風物詩、
花火をしました\(^o^)/
しかも今年は男性小舎のみなさんと一緒に楽しむことができました~♪

今回のこの企画は、“ご近所付き合いも大事にしていきたいよね!”
というスタッフからの提案からはじまったもので、
合同で余暇を行うのは今回が2回目!
同じ敷地内で生活しながらも、普段はなかなか他小舎と
関わることが少ない利用者さんたちですが、前回よりも仲良くなっているような…?!
花火を一通りしたあとはみんなでアイスを食べて、
最後に線香花火をして終わりました。

短時間ではありましたが、こういった他小舎との交流をこれからも増やして、
色々な余暇を楽しんでいけたらいいなと思います!

 
●Vol.134 「納涼会!」 by はなかっぱ(46)

皆様初めまして。花みず記初登場のはなかっぱと申します。よろしくお願いします。

さて、前回の花みず記でもお伝えしたように、今月5日(金)に毎年恒例の一大イベントである納涼会が開催されました。そのご報告をば…。

今年も好天に恵まれた一日となった納涼会は、利用者さんは小舎ごとにそろいの浴衣や甚平を着込み、またスタッフも小舎や通所ごとにこの日の為にそろえたTシャツや法被を着込んでお祭りムードを盛り上げていました。

開会式では、板に絵の具を塗りこむと文字が浮かぶ「マジックアート」を行い、利用者さんとスタッフとの協力で、今年のテーマ「笑顔満祭☆」が奇麗に浮かび大いに盛り上がりました。また、毎年恒例の新人スタッフの出し物や利用者さん参加のファッションショー、カラオケ大会や盆踊りで一日中にぎやかな雰囲気につつまれました。

イベントの間にはこれまた皆さん楽しみにされている、焼きそばや焼き鳥などといった食べ物やジュースがふるまわれ、皆さんお祭りらしい食事を楽しまれていました。

閉会式にはスタッフが頑張って作ったナイアガラの滝風の花火に火が入り、その後花みずきに関わる全ての人のスライドが素敵な曲とともに壁一面に映し出され、感動的な場面がみられました。

今年も手作り感あふれ、アットホームな雰囲気の中で納涼会は無事終える事が出来ました。参加された利用者の皆さん、そしてスタッフの皆さん、お疲れ様でした。


 
●Vol.133 「もうすぐ納涼会」 by 帽子被りたい

皆様こんにちは。今年も大変暑い夏がやってきました。
夏と言えば!!花みずきでの一大イベント「納涼会」があります。
今年は8月5日(金)に行ないます!!

本番直前という事で準備が着々と進んでいます!!
2016年の納涼会のコンセプトは利用者さん・ご家族の皆さん・スタッフ全員が笑顔はじける楽しいお祭りにしたいとの思いから「笑顔満際」に決まりました。
とてもいいコンセプトだぁと個人的に思っています。

今年は集合作成物として利用者さん一人一人に風車を作って頂いています。

当日は無数の風車が並ぶのでどんな景色が広がるのか今から楽しみです。

また、各作業班でも灯篭を作成しており、こちらも当日飾り付けるとの事。合わせて見逃せませんね!!

そして、今年も屋外作業班では野菜を作っておりますので、とれたての野菜も販売しております。

さてさて今年の納涼会はどんな会になるのか楽しみですね。

納涼委員会メンバー中心に準備頑張っています。残りわずかですが体調に気を付けて下さい!!

納涼会についてはまた後日ご報告できればと思います。
皆様も楽しい夏をお過ごしください。ではまた!!

この納涼会は内部向けです。外部の方向けには10月2日(日)に「共生まつり」があります。


 
●Vol.132 「二人の笛吹き&ピアニストのサマーコンサート」 by 自転車乗りたい

みなさまお元気ですか?今回の花みず記は恒例の倶楽部やまぼうしの報告をしたいと思っています♪(*^_^*)

今回のやまぼうしは、『二人の笛吹き&ピアニストのサマーコンサート』と題して、
増本博子さん、新原輝美さん、樋口聖子さんのお三方をお招きして開催致しました。

心配されたお天気も過ごしやすい曇り空で筆者の心もほっとひと安心♪
しかしながら、当日になり当方の都合により、
会場がお隣の新吉田地域ケアプラザに変更になり、ハラハラばだばたしながらの準備となりました(^_^;)

本日の演奏者の簡単な経歴紹介をいたしますと、増本博子さん(ピアニスト)は、武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。 在学中よりアンサンブル・ピアニストとして活躍。ピアノ・デュオのコンサートを定期的に続けながら、新横浜で毎月開催している参加型コンサート「やすらぎコンサート」の代表を務める。
新原輝美さん(フルーティスト)武蔵野音楽大学卒業。在学中、福井直秋記念奨学金を得る。現在、後進の指導、アンサンブル“ピュア・ローゼ“主宰、国内各地で精力的な演奏活動及び様々なコンサートの企画・提案を行なっている。
樋口聖子さん(フルーティスト)洗足学園音楽大学音楽科管楽器(フルート)専攻を首席で卒業。卒業にあたり優秀賞受賞。現在は吹奏楽のトレーナーや後進の指導にあたる他、全国で演奏活動も行なっている。笛アンサンブル「遊笛」代表。
そして開演をむかえました♪会場には溢れんばかりのお客様!お客様(*^_^*)筆者は,当日の会場変更でお客様が少なかったらどうしようと思っていましたが、またまたホッとしました。

演目のスタートは、子守唄フォーレからです。ピアノとフルートの美しい音色にお客様はうっとりと引き込まれていました♪前半の中盤、フルートによる津軽海峡冬景色が演奏されると、自然と歌声が聞こえてきました(*^。^*)休憩を挟み、盛り上がりながら後半がスタート!オカリナ、リコーダー等、各種楽器の説明をして頂きながら、
スタジオジブリメドレーで会場は最高の盛り上がりを見せました。

最後に会場の皆さん一緒に『幸せなら手を叩こう』『みかんの咲く丘』を演奏に合わせて歌い、
アンコールの曲と共に終了となりました。
本日、演奏して頂いたお三方のみなさん、楽しい演奏をどうもありがとうございました。スタッフ一同お礼を申し上げて、本日の倶楽部やまぼうしの報告を終わらせて頂きます。

次回の倶楽部やまぼうしは、11月19日(土)になります皆さまご期待下さい。
みなさま、またここでお会いしましょう♪(*^_^*)


 
●Vol.131 「休日の過ごし方(個別外出編)」 by 帽子被りたい

6月になり徐々に暑くなり夏の気配を感じる今日この頃皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今回の花みず記は利用者さんの休日のご様子を報告させて頂きます。
挨拶遅れましたが今年度担当になりました、「帽子被りたい」です。
私ごとですが今年で勤続5年目を迎え、今年度より所属ユニットが異動しました。新しいユニットでの生活はまだまだ分からないことだらけですが、これから一つ一つ利用者さんの好きな事や得意な事を知っていこうと思います。

ということで、今回異動した小舎の利用者さんと「個別外出」に行ってきましたのでそちらの様子を報告させて頂きます。
個別外出?と思った方vol127「外出」を読んでみて下さい。

<出発前>
2週間前ぐらいから利用者さんとお話をして「行きたい場所」「やりたい事」「食べたい物」「買いたい物」を利用者さんに決めて頂きます。
右の写真は利用者さんからの買い物リストです。
それを踏まえて一緒に計画書を作ります。
今回は利用者さんの希望でボーリングをする事なり、以前にも行った事のあるボーリング場に行くことに決めました。

<当日>
当日は天気も良く外出日和となりました!!
早速ボーリング場に向かいましたが、ここでトラブルが発生しました。
なんと、予定していたボーリング場が貸切られており、その日は利用する事が出来ませんでした。私自身ショックを受けつつも利用者さんに「今日は人がいっぱいで出来ないみたいです。」と伝えると「混んでいるんじゃ仕方ないね。」と納得しており、ホッと一安心。
「少し早いですがお昼にしますか?」と伝えると「うん、そうしよう。」と応え、ご飯を食べに行くことになりました。
このように全てが計画通りに行くわけではありませんが、その時にコミュニケーションを取って解決していく事も個別外出の醍醐味かなと思います。困った事を一緒に経験して利用者さんとも距離がまた一つ縮まったような気がしました。
その後はお昼ごはんを一緒に食べ、買い物リストを参考にしながらお店を周り、買い物をしました。ボーリングが出来ず時間が余っていた為、近くのスーパー銭湯で入浴をする事を提案すると、嬉しそうに「お風呂行こうか」と応えて下さり行くことになりました。
スーパー銭湯でも「体洗いますか?」「疲れていませんか?」「飲み物いりますか?」など都度コミュニケーションを取りながら、利用者さんの要望に合わせてまた体力面も配慮しながら楽しみました。
今回の個別外出はボーリングは行えませんでしたが、利用者さんとお話をする中でプランを変更し最終的には楽しい外出が出来たので良かったと思います。
以上簡単ですが報告させて頂きます!!
*外出時の写真もたくさん撮ったのですが本人の要望で掲載していません。


 
●Vol.130 「小栗久美子トルンコンサート」 by 自転車乗りたい

みなさんこんにちは、今年度初めての倶楽部やまぼうしは、毎回大好評の小栗久美子さんをお招きしトルンの演奏会を開催致しました♪

当日は心地よい風の中、とても良いお天気に恵まれ大勢のお客様と共にトルン・ヴァイオリン・ピアノ・パーカッションの音色を楽しみました。

小栗久美子さんは、東京外国語大学ベトナム語学科卒。同大学大学院修了。ピアノを小栗由美子、マリンバを北原千鳥各氏に師事。トルンをグエン・トゥ・トゥイ、マイ・ティ・ライ、ドー・ロック各氏に師事。みなとみらいホールや横浜赤レンガ倉庫にて数々の自主企画公演を開催等されています。

森川拓哉さんは、早稲田大学卒業後バークリー音楽院に留学。在学中ジャズヴァイオリニスト、ロブ・トーマスに師事。チェリスト、ユージン・フリーセンにフリーインプロヴィゼイションを通して弦楽器が持つ深い表現の可能性を学ぶ。アーティストへの楽曲提供や、ホール公演、各種イベント、CD作成において数多くの作編曲も手掛けている。

立岩潤三さんは、ドラムを坂田稔に、ダブルカをスス・パンパニン、セルダール・バグティルに、タブラ・バヤを吉見征樹、プラフーラ・アタリ―に師事。グレン・ベレスからフレームドラム、ファルボート・ヤードッラーヒからドンバクのプライベートレッスンを受ける。ロック・ポップス・ジャズ・古楽・各種ダンスや舞踊、ライブイベントとのコラボレーション等、幅広いジャンルへのアプローチを行っている。

この御三方をお招きし、多数のお客様の中、美しい音色を楽しみました。)^o^( 第一部、(ドーロック作曲)タイグエン地方へ帰る♪からスタートし、文部省唱歌ふるさと等も演奏して頂きました。途中、かえるの歌を例題として、アラブの音階を紹介して頂いたりと、各楽器の魅力を存分に感じられました。休憩後の第二部もお客様の視線はステージに釘づけになりながらの、カントリーロードへ!お客様も一緒になっての大合唱で演奏会は終了致しました(#^.^#)

次回の倶楽部やまぼうしコンサートは7月16日になります。次はどのような方、どのような演目、楽器になるか今からわくわく(^^♪ですね。本日来所して下さった皆様、本当にありがとうございました。またのお越しをこころよりお待ちしております!またここでお会いしましょう♪


Copyright (c) 2009 YOKOHAMA-KYOUSEIKAI. All Rights Reserved.