はじめに
この施設は
施設外観写真  障がいをもつ方からの生活の拠りどころとなる<障がい者支援施設>と高齢者を中心とした地域福祉サービスを提供する<地域ケアプラザ>との複合施設です。横浜らいずは、身障福祉分野では全国初となる小規模ユニット制を採用し、家庭的なこまやかさや生活感を大切にしています。また、障がいをもつ方たちの地域生活をバックアップしています。
らいずの全景
らいずの全景
横浜らいずの考えと思い

どのような重い障がいを持つ人であっても、利用者として施設の民主的な運営に、職員とともに取り組む施設であること。そのため、すべての利用者において自由と人権とプライバシーが尊重され、声なき声や小さな声への細やかな配慮が行われること。

障がい者が地域の中で分け隔てなく、ごく普通に暮らし、生きていくための拠りごころであり、暖かな住まし、であること。

そこに暮らし、働くすべての人の中に、相互理解と連帯、節度と協議の精神が自然な形で根付いている施設であること。

障がい者がさらなる自律生活へと挑戦し、また時には安らぎを求めて帰り来ることのできる施設であること。

地域の二一ズに的確に対応できる開かれた施設であり、また、多様な社会サービス提供や福祉情報伝達の拠点としての施設であること。

なお、当施設は以下の団体に加盟しています。

全国身体障害者施設協議会(関東・甲信越ブロック)
神奈川県身体障害施設協会
かながわ身体障害福祉ネットワーク
神奈川県重症心身障害児者協議会