お知らせ

2019年11月 ひとこと
【11月の言葉】

 令和となって半年余りが経過し、この間、予測を超えた大型台風がいくつも発生し、大きな被害が出ました。風水害で多くの方が亡くなり、いまだに2700人余りの方々が避難生活を余儀なくされているようです。浸水地域に指定されている当法人の障害者グループホームのご利用者も、丘の上の入所施設へ避難するなど、影響は様々にありました。被災された皆様には、心からお見舞いを申し上げます。

 ようやく小春日和の日も多くなり、今日は、中庭で炊き出し訓練を行っていて、先ほど私の元にもアルファ米の炊立てご飯とサツマイモが届きました。サツマイモをほおばりながら、秋の味覚をちょっぴり楽しむことができました。

 そして短い秋が終わると、インフルエンザや風邪の季節がやってきます。ご利用者と職員の予防接種も大体終わったので、「ウイルスを持込まない、拡大させない」ことを合言葉に、加湿やマスク、手洗いを励行して備えることにします。

                      理事長 村松 紀美枝

バックナンバーを見る ≫

イベント情報

日程 イベント内容 場所
9月22日(日) 喀痰吸引等(第3号)研修 地域生活支援センター海